FC2ブログ
 
■プロフィール

やんまるにゃん

Author:やんまるにゃん
猫が大好き。現在2匹の猫を飼っています。
うち1匹が行方不明で捜索しています。
どうか、情報拡散にご協力をお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■フリーエリア

いつもありがとうございます。
ランキング参加中です。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 迷い猫・迷子猫へ
にほんブログ村

■バナーをお持ち帰りください

やんまる君バナー

■バナー


■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

帰省
少し前のことですが、いつも心配してくれている貞光のおばあちゃんから電話がありました。
亡くなったウチのおばあちゃんのお茶飲み友達だったそうです。

「あんたとこの猫、しばらく見なかったけど、
一ヵ月くらい前にびっこひいてやせこけてウチに来たよ。
それから毎日ごはんを食べに来てるよ。」


おばあちゃんはやんまるだと信じていました。
とにかく確認に帰りました。

やんまるではありませんでした。
前回の茶トラの兄弟猫でした。
毛並みは全然違っていたけれど…

おばあちゃんは「ごめんよ」と言って、一緒に泣いてくれました。
「おばあちゃんほど親身に心配してくれている人はいない。本当にありがとう」
心から感謝して、帰ってきました。


その後、2件ほど新たな情報がありました。

山の中腹の小さな小さな神社の宮司さんが猫の世話をしていて、
何十匹も神社周辺にいる。


車がないととても無理な場所で、お盆に行ってみました。

二軒の家と神社が寄り添うように建っているだけのところで、
神社と宮司さんの家に人の気配はありませんでした。
隣家に住む80歳の一人暮らしのおばあちゃんによると
4月に宮司さん夫妻はさらに山奥の本社に帰ったそうな。
猫は見かけないと言われました。

前回の茶トラ猫がいた周辺で「顔下半分が白い茶トラ」が目撃されたそうです。

4日ほどの私の滞在中に確認することはできませんでしたが、
教えてくれた人はとても親切にしてくれました。

「お宅のおばあちゃんとは仲良くしていたからね。
そうじゃなかったら、こんなにはしないよ」

ありがたいとは思ったけれど、その言葉にはちょっと複雑な心境でした(^ ^;)






スポンサーサイト



捜索 | 21:19:07 | トラックバック(0) | コメント(4)